アクセス サイトマップ
広島県行政書士会
文字サイズ
あなたの街の法律家(頼れる、任せる、安心できる) Hiroshima-kai.or.jp
ホーム 会長挨拶 行政書士の仕事 行政書士の活動 無料相談 よくある質問 会員ページ


ホーム
官公署手続きに関する業務事例
電子申請
営業の許認可
〜建設業〜
営業の許認可
〜介護事業〜
自動車
相続・遺言
国際業務
土地利用
権利義務・事実証明に関する業務事例
営業の許認可
〜運送事業〜
営業の許認可
〜風俗営業〜
営業の許認可
〜その他〜
法人の設立
民事関係
権利義務
知的財産権

日本行政書士会連合会
 アクセス
所在地図
広島市中区中町8番18号
(広島クリスタルプラザ10階)
電話:082-249-2480
FAX:082-247-4927

    権利義務

先日、知り合いにお金を貸しました。ある程度大きな金額ですので、今になって不安になったのですが、その時に借用書を作っていません。大丈夫でしょうか?
借用書等の契約書がなくても、口約束(互いの意思表示)のみで契約は成立します。その時に、返済時期、利子等の約束まで交わしているならば、相手方もそれに拘束されることになるのです。将来的に相手方の翻意を心配されているならば、今からでも契約書を作成してもよいでしょう。「金銭消費貸借証書」、「債務確認書」等の契約書になるでしょう。


このページの先頭へ↑

ホーム行政書士の仕事行政書士の活動よくある質問会員専用ページサイトマッププライバシーポリシー
行政書士会員検索リンク集(便利帳)無料相談会アクセスサイトポリシー
Copyright(c)2005-2012 広島県行政書士会 All Rights Reserved.